整理整頓、収納とは

整理とは、必要な物と不要な物を区別して不要な物を取り除くこと
整頓とは、使った物を定位置に戻し見た目良く整えること
収納とは、使うために仕舞っておくこと、又は物を収める場所のこと

整理整頓のメリットは何かといいますと、整理整頓された部屋はリラックスできる空間で、ストレスがありません。物は少ないほど管理も掃除もメンテナンスも手間がかかりません。

整理整頓ができていないことのデメリットについて書いてみましょう。

経済的なデメリット・・・整理整頓されていないことは、不要な物があるということです。使わないものを収納する場所にも、家賃や住宅ローンなどの住居費はかかります。また、どこに仕舞ったか分からないことも起こり、見つからなければ、もう一度買うことになります。これらは経済的な無駄です。

精神的なデメリット・・・片付いていない部屋よりスッキリした部屋のほうが、心地良く暮らせるはずです。物が部屋中にちらかっていたり、あるべき所になくて探しものばかりしたりしているとイライラし、精神衛生上よくありません。やりたいことがたくさんあるのに、気持ちばかりが焦って、事が思うように進みません。本来大事な事を考えるための脳が、イライラのほうにエネルギーを使ってしまうのです。

時間的なデメリット・・・使いたいモノがないのと探す時間が必要で、探している時間は無駄な時間です。また、物がたくさんあると、目に入った物に頭の中の注意が向きます。すると、本来集中するべき作業に集中できなかったり、処理が遅くなったりします。

これ等のデメリットが無くなれば、お金や時間を、本当に必要なことに回す事ができ、心に余裕が生まれ、人生が一変する可能性もあるのです。

This entry was posted on 月曜日, 10月 8th, 2018 at 4:48 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.