玄関の快適性

玄関は住宅の顔と言われる部分です。家族が毎日出入りを行うのはもちろんのこと、家に初めて来たお客様がまず最初に足を踏み入れる場所です。住宅の第一印象を決める大事な場所でもあるだけに、常にキレイで明るく、スッキリとした空間を保ちたいものです。それを実現させるにはシューズクロークの存在が大きいのです。

最近では玄関横に当たり前のように設けられるシューズクロークですが、このシューズクロークは、靴や傘を収納するだけではもはやないのです。外で使用する子ども用のおもちゃや三輪車、ベビーカーや洗車用品、旦那さんの趣味のゴルフ用品など大きさのあるものまでしっかりと片づけられるシューズクロークが設けられることが多いです。外で使用して汚れた状態でもそのまま片づけることができる土間収納スペースのあるシューズクロークは重宝します。

我が家にも土間収納スペースのあるシューズクロークを設けています。玄関スペースと同スペースのシューズクロークを設けました。靴や傘を大容量に収納できるだけでなく、玄関周りに散らかりがちな大きさのあるものもサッと整理できるシューズクロークがあることで、玄関に靴や物が散らかりにくくなりました。急な来客時にもし、物や靴で散らかっていてもサッと片づけられる玄関収納があると重宝します。

我が家のシューズクロークはこのシューズクロークから室内へ出入りできるように動線を確保しています。靴や物を片付けるのと同時にそのまま室内へ入れることで、今まで靴を片付けなかった子ども達がきちんと脱いだ靴をしまって室内に入るように習慣が身に付いたのです。シューズクロークの収納力と、室内への動線に配慮してシューズクロークを設けるといいのではないでしょうか。

This entry was posted on 月曜日, 9月 12th, 2016 at 2:41 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.